極小小銭いれ

先日財布のなくして新しい財布を購入したことは書いたが、小銭入れ部分がどうも使いづらい。

革が硬いこともあるが、小銭入れ部分の広がりが狭いからだ。

小銭入れを別に持つことはあまり好きではないので我慢するしかないと思っていたが、一応色々と調べてみた。

ボックス型のコインケースがベストではあるが、大きさがある程度制限されてしまう。

あまり小型のモノが形状上できない。

別に持つのならなるべく小さいものが良いと考えていたので、本格的に諦めようと思ったその時

ある小銭入れがヒットした。

 財布2

一応筆者の住み家がバレないようにしたいので、店名等は公表しないが、調べれば分かるだろう。

 

小銭を貯めこまない人にとってはこの大きさで充分だ。


手のひらで完全に包み込める大きさはポケットに入れても、ベルトループにぶら下げても、財布のウォレットロープに付けても邪魔にならない。

これぞ!!探していたもの!!!

店の住所を見たら、偶然にも地元にあるじゃないか!

取るものもとりあえず店に直行。

現物を見て、店主である職人さんと色々と話して購入を決めた。

財布も買う前だったらココで作ったのにと、少しの後悔をした。

次回はココで作ることを密かに誓ったのであったw


オーダー出来る場所は全国に沢山あるだろうが、地元にあって何度でも話を詰められる環境は嬉しい。

ものづくりをしている人と話すのはとても面白い。

自分もものづくりの道に進みたかったという後悔もあるからだろう。

趣味の範囲でいいから、いずれレザークラフトは経験したいことのひとつだ。